バラが咲く庭を作ろう|自分で育てることで魅力アップ

植える際のポイント

植物

野菜は私たちにとって必要不可欠な存在であり、多くの栄養素を摂取できる食材です。栄養はもちろんですが、味や見た目なども含めて愛好家が多いのも特徴の一つです。野菜を食べるのもいいですが、実際に自分で育ててみて初めてわかることも多いと言われています。野菜は、時期によって購入するとかなり高くなることもあるので、自家菜園をする人も多くなっています。自家菜園であれば、土や肥料、野菜苗があれば育てることができるので、初期費用以外はそんなにかかりません。そのため、かなりの節約につながりますので、野菜を自分で育てるという選択肢もありでしょう。野菜苗から育てるための秘訣を知ることで失敗するリスクを軽減できます。

野菜苗から育てるために必要なものは、スコップとじょうろ、支柱や紐などがあれば大丈夫でしょう。支柱と紐は苗を固定する際に使いますので、育てる野菜によっては必要がない場合もあります。野菜苗はホームセンターなどで好きな種類を購入しましょう。レアな野菜やシーズンが異なる苗はホームセンターで扱っていない場合もあるので、その場合は通販を利用すると良いでしょう。野菜苗の植え方ですが、十分に水を吸収させたのちに、植える場所にスコップで穴を掘ります。掘った穴に水をしみ込ませ、水が吸収されたのを確認してから野菜苗を植えます。土を被せる際には、少しだけ被せる程度で大丈夫です。支柱が必要な場合は枝と支柱を紐で結んで固定すると倒れにくくなります。後は、野菜のタイプに合わせてゆっくり育てていきましょう。ガーデニングを楽しみつつ料理にも使えるので、一石二鳥となっています。

Copyright © 2017 バラが咲く庭を作ろう|自分で育てることで魅力アップ All Rights Reserved.