バラが咲く庭を作ろう|自分で育てることで魅力アップ

果樹の魅力

剪定する人

植物を自分で育てる人も少しずつですが増えています。自家用菜園などを行って節約を目指す人もいれば、純粋に植物が好きだからという理由で育てる方もいます。その二つの魅力を同時に叶えることができるのが果樹です。果樹は実がなれば食べることもできますし、育てるまでに長い年月をかける必要があるので育てている間わくわく感が続きます。時間をかけて育てた分、収穫した果実は別格の味わいとなることでしょう。また、果樹を育てている間、情操教育に似た感覚になるため、ストレスの解消効果もあるとされています。ゆったりした時間と育てる楽しみを満喫しましょう。特にお子さんと一緒に育てる場合は、情操を理解しやすくなるのでおすすめされています。

果樹を育てる魅力の一つに手がかからないことがあります。小さな植物であれば発芽や土の環境、こまめな水やりが必要ですが、果樹の場合はそこまで神経質にならなくても大丈夫です。成木まで成長するとほぼほぼ放置状態でも勝手に成長してくれます。長い年月をかけて成長しますが、その成長過程をじっくりと観察しながら待つというのが、果樹を育てる楽しみ方とされています。果樹を育てる際に必要になるものとして、育てる場所と苗木の二つは必須です。後は、余分な葉っぱなどを切るハサミやスコップ、じょうろなどがあれば開始することができます。成木になるまでは、きちんとした管理をすることでしっかりとした果樹に成長しますので、肥料や水やりのペースなどに配慮すると良いでしょう。

Copyright © 2017 バラが咲く庭を作ろう|自分で育てることで魅力アップ All Rights Reserved.