バラが咲く庭を作ろう|自分で育てることで魅力アップ

苗の植え方

花

花は見るものを癒す力があり、可愛いらしい花から色や香りが独特な花まで様々あります。花を見るのも楽しいですが、自分で育てることも簡単なので興味がある人はチャレンジしてみると良いでしょう。花を育てるために最初にすることは花の苗を購入することから始まります。花の苗はホームセンターなどで購入することができますが、最近ではインターネット経由で購入できるサービスも増えています。人の好みや植える時期などによって入手しやすい花の苗は変わってきますので、目的の花の苗があるのであれば通販を利用しての購入の方が確実性が高まるでしょう。プランターやじょうろなどもセットになっていることもあるので、購入前に確認しましょう。

花の苗を購入した後に気を付けるべき点として、苗の植え方があります。花の苗は、植え方が悪いと途中で枯れてしまう可能性もあるので正しい植え方を知ってから挑戦するべきです。苗の植え方ですが、土を柔らかくなるまでほぐしてからだいたい3~4センチほど掘ります。苗を植えた後は、苗と一緒についてきた土も隠れる程度被せておきます。土を被せすぎたり、上から圧力をかけて土を固めたりすると成長率が悪くなる花もありますので気を付けましょう。また、成長が楽しみだからといって、水をやりすぎるのも逆効果となりますので注意が必要です。花の種類によって好みの土や栄養素、日光を浴びる時間なども異なりますので、情報を集めることで失敗しにくくなります。自分のためにも、植物のためにも情報取集はきちんと行うことがポイントです。

Copyright © 2017 バラが咲く庭を作ろう|自分で育てることで魅力アップ All Rights Reserved.