バラが咲く庭を作ろう|自分で育てることで魅力アップ

理想の庭をつくる

薔薇

バラはメディアなどでも取り上げられることが多く、プレゼント用の花としても有名です。プロポーズの際に使う人も多いですし、庭などのアクセントとして育てている人もいます。バラは一輪だけでも魅力的であり、彩や形も気品があるため老若男女問わず人気があります。そのため、バラを庭で育てる方も意外と多く存在しています。育てるのが難しいとされていますので、育てると決めたのであれば、育てるためのポイントやコツなどをしっかりと調べましょう。品種もかなり多いので、苗の見分け方やシーズンなども合わせて把握しておくと成功しやすいでしょう。

バラを育てる際に一番重要なのが育てる場所との相性です。自分が育てたいバラを選ぶのもありですが、バラの種類によっては成長が芳しくないこともありえます。そのため、バラを育てる場所から選ぶのがおすすめされています。ツルを延ばすタイプ、樹のようなタイプもありますので、環境をきちんと見極めましょう。苗の選び方は大きくわけると二つであり、新苗と大苗のどちらかになります。花が咲くまでに時間がかかる新苗と土に根ずくのが難しい大苗という特徴があるので、自分のスタイルに合わせて選ぶのが無難です。初めての方には、ある程度成長している大苗の方がやりやすいとされています。この二点が決まればタイプ別の育て方となってきます。理想的な庭をつくるためにも、バラを埋める場所には細心の注意を払いましょう。そうすることで配置にもこだわった美しい庭になります。

苗の植え方

花は見ているのも楽しいですが、育てるのも楽しいものです。花の苗から選定し、自分なりに育てられるのが魅力となっています。花の苗の植え方や注意点を知ることで失敗しにくくなります。

果樹の魅力

植物の中でも大きくなるのが果樹です。育てるまでに時間がかかりますが、しっかりと育つと実を収穫できるようになります。成木になればこまめに面倒をみる必要もなくなるので、育てるのが楽というのも魅力の一つです。

植える際のポイント

野菜は栄養素が高いので私たちにとって必要な存在です。野菜苗から育てることができれば、ガーデニングを楽しみつつ、節約も可能になるのでお得です。正しい植え方をすることでリスクを軽減できます。

Copyright © 2017 バラが咲く庭を作ろう|自分で育てることで魅力アップ All Rights Reserved.